NonTitleのブログはガンバ大阪,ガンバ大阪ブログ,Radiohead,くるり,村上春樹,エヴァンゲリオン,Apple,WEB制作,リスティング広告,SEO,WordPress,グーグル,写真などの内容の記事が多くなっています 記事数【1,056】

ガンバ大阪ブログ パトリックがなんとハットトリック

鳥栖には2シーズン前にダブルを食らい、ホームではまさかの2点差を逆転されるという屈辱を味わった相手で、雪辱を果たす以外ないという背景があったのですが、クラブ・監督・選手たちが意識していたかは不明です。超連戦9月の最後のゲームで土曜日開催とそれなりに集客要素はあったのですが、13000人と集客は振るわず(招待券が落ちていたのでそれなりに招待客はあったと思われる)

倉田が直前に腰痛を発症したけど、大森が間に合いスターティング、ジェソクが意外と軽傷でジェソクもスターティングと、何か知らないけど良い流れが来てる!を予感させる展開。丹羽以外は久しぶりのベストメンバー!とワクワクした方も多かったのではないでしょうか(倉田はどんな感じなんでしょうかね)

開始早々に意味不明なPKを米倉が取られ、先制されると勝ち切れていない状況という嫌な展開になったのですが、帳尻合わせのPK(西村主審は簡単にPK取りますね)を頂戴し、何もなかったことになり、自分たちの力で逆転するというゲームを期待しただけに肩透かしを食らってしまった感がありました。全てのゲームを先制できればそれに越したことはないけど、これからの上位陣との対決では、そうはならない展開も十分に考えられるしね。

結果的に3点差が付き、イージーなゲームに見えがちですが、決してイージーなゲームではなかったです。前半は全員ミスが多く、鳥栖が引きまくっていたのでなかなかに崩し切れなかったし、前後半通じて豊田の高さには勝てなかったし、センターバックが跳ね返し続けてくれているので失点には繋がりませんでしたが、米倉サイドからクロスを上げきられるシーンが多く、もう少し米倉には守備を頑張ってほしいですね。彼の攻撃力を活かす為にチームの中でもある程度は目を瞑っているんでしょうけどね。ただ、集中していなかったのかミスも多かったし反省ですよ。

最終的には個々の能力の差が出たのかなというところです。宇佐美はフィニッシュする機会がなかったけど、パスやドリブル、キープで起点となりましたし、パトリックとのコンビネーションは時間が経つ毎に成熟されてきている印象ですが、あとはパトリックが継続して結果を出せるかどうかです。恐らくたまたま足でゴールが取れただけだと思いますので…。プレッシャーが極度に掛かっている状態でもなかったしね。このまま上に登り切れるかどうかはこの2トップに掛かっていることは言わずもがな。

大森は復帰後すぐに違和感なくほぼフル出場し持ち味の機動力とテクニックを発揮(荒い場面あったけど)してくれて安心しました。欲を言うならば、4点目が決まった時点で内田裕斗を出してほしかったです。あの状況で二川を出す意味って何??チームの今後を考えるとプレッシャーが掛かっていない状況での内田裕斗の出場じゃないの?と個人的には不満でした。あ、このゲームでようやく、FKのポイントに宇佐美と遠藤が並びましたね。一回だけでしたが…。状況によっては二人が立った方が選択肢が増えるし(宇佐美にドカンと蹴らすとか)、相手への牽制にもなるのでやってほしいんですけどね。

ということで雪辱を果たすことに成功し5連勝、かつ意味不明なPKだけの失点と非常に良い状況なのは間違いないです(倉田の腰痛と西野の怪我以外を除けばね)次節、第一弾の大一番が待っています。アウェイ鹿島でのゲームはいつもやられるというイメージしかありませんが、ダヴィがいないのでビビることなく叩くしかないですよ。楽しみですね。

最後の最後に佐藤、アレはなんとしてでも決めないと…。岩下、もっと大人になって累積警告のことを考えて。

オススメ記事

関連記事

人気記事

↑Topへ戻る