NonTitleのブログはガンバ大阪,ガンバ大阪ブログ,Radiohead,くるり,村上春樹,エヴァンゲリオン,Apple,WEB制作,リスティング広告,SEO,WordPress,グーグル,写真などの内容の記事が多くなっています 記事数【1,056】

ガンバ大阪ブログ 魂を込めて守り切った丹羽

前節、勝ち点0で終わったことで凄まじいプレッシャーの中迎えたメディアの大好きな武藤擁するFC東京戦。レギュラーセンターバック2枚を欠き、さらに絶対的レギュラーにのし上がった阿部もコンディションの問題でベンチと攻守にベストメンバーではない状況と苦しい布陣で不安がなかったと言えば嘘になるスターティングメンバーでした。

前半立ち上がりFC東京の前からのプレッシャーになかなか前を向くことができませんでしたが、時間の経過と共に選手たちの絶対に先制点を奪うんだという意識をヒシヒシと感じる展開で、宇佐美・大森の左サイドを起点にゴールは時間の問題かなという前半でした(攻撃にあまり絡めていなかった倉田が残念でした)時折浴びるカウンターも落ち着いた対処と東口のポジショニングで危ないシーンはゼロで後半勝負。

開始早々にパトリックとのワンツーで抜け出した宇佐美のフィニッシュが決まっていれば理想的でしたが、攻守に走りまくっていた大森が値千金のミドルを決め、欲しかった欲しかった先制点をゲット。6分後にも追加点を決め、さあもう一点追加してゲームを決めようとしていた頃合いにゴールを決められ(マークすべき倉田の戻りが甘かった)、苦しい苦しいゲームになってしまうことに。FC東京はエドゥーが入ってからトップでボールが収まるようになり、サイドに展開してからの攻めに迫力を増しましたが、丹羽とジョンヤで跳ね返し続け、決定機を作らせずにゲームをクローズすることができました。

特に丹羽は武藤に対して火花を散らしまくり身体を張りまくっていて久しぶりに頼もしく思えました。滅多にみられないミドルもあったし凄い気持ちを感じさせてくれた丹羽でした。ジョンヤもハイボールの競り合いが強く岩下の不在を感じることがなかったのが正直な感想で、このコンビでリーグ戦最後までいってしまってもいいんじゃないかとも思いました。ここにきて丹羽が充実してるなんて誰が予想できましたか?(笑)

パトリックと米倉が累積リーチになってしまったのが唯一の心残りですが、阿部を休ませることができ、西野も戻ってくるみたいですし、役者は揃ってきたって感じですね。最近2トップがゴールという結果を出せていませんが、チーム全体でゴールを奪うことができていますので、ひょっとしたら現在の状況の方がチームとしては良いのかも。

集客は15000人と奮いませんでしたが、見事にプレッシャーを跳ね除けて勝ち点3をゲットし、再び勢いに乗るべき体制を自分たちで整えることが出来たと言える貴重な勝利やったと思います。浦和とは勝ち点3差です!残り全勝すれば優勝です。今後更なるプレッシャーがのしかかって来ますが、それを跳ね除けてくれることを期待しています。

オススメ記事

関連記事

人気記事

↑Topへ戻る