NonTitleのブログはガンバ大阪,ガンバ大阪ブログ,Radiohead,くるり,村上春樹,エヴァンゲリオン,Apple,WEB制作,リスティング広告,SEO,WordPress,グーグル,写真などの内容の記事が多くなっています 記事数【1,056】

ガンバ大阪ブログ 掴んだ1冠目[パトリックMOM]

忙しくてリーグ戦のみの感想しか書けていないのですが、カップファイナルやったし、優勝したので感想を書いています。まだゲームが終わってない中(1点差)、涙を流していた宇佐美にはツッコミたくなりますが、優勝できたのでそれは笑い話ということで。いや、一人で重圧を背負っていたので気持ちはわかりますよ。おめでとう宇佐美。この後、束の間のオフがある筈なのでリフレッシュしてね。

ゲームはというと事前に出ていた情報通りに柏戦、広島戦と同じ明神をアンカーに置いた守備的布陣でスタート。開始早々に佐藤寿人の動き出しに付いていけずポストに当てられ冷やっとしたシーンがありましたが、広島の時間を凌ぎ切ったあとは自分たちの時間帯にできたと思ったところで不可解なPKでビハインドに(主審はミスジャッジちょいちょいありましたね)でもって、岩下のクリアミスで2点ビハインドとカップ戦で痛恨の2失点とパトリックの1点目が決まるまでは、長谷川健太の采配が袋叩きに合う可能性大でしたし、より岩下への不信感が増大するところでした。

後半から守備のことを捨てて大森を投入しいつもの形に戻す長谷川健太。いつも相手に合わせる長谷川健太の采配はガンバ大阪のマインドには合ってないと思うけど選手たちはどう思っているんでしょうね。長丁場のリーグ戦ならまだ理解できますが、一発勝負のファイナルなので、ここまで結果を出せている布陣で戦ってほしかったです。そう思った方々は多いんじゃないですかね。

その大森が入った後半は頭からリズムを掴み(大森のドリブルと運動量、宇佐美がいつもの左サイドにポジショニング、レジスタ遠藤からの展開、神出鬼没の阿部、フィジカルを活かしきるパトリック)決定機を作り続けあれよあれよと逆転しちゃいます。広島が変わった布陣(遠藤のポジション)に付いていけなかったのもあると思いますが、自分たちで作り出した決定機、躍動感溢れた選手たちの動きにこの後のリーグ戦の期待感も抱かせてくれました(浦和は広島と同じ布陣なのでイケる!?)広島はガンバ大阪の勢いに飲み込まれてしまった感が否めないですが、攻撃に迫力とアイデアがなく、後半の広島から決定機を作られるとは思えなかったです。

終わってみればスコアこそ僅差ですが完勝といった形になりました。2点のビハインドを逆転した事実は非常に大きいし、心が折れなかった選手たちは凄かったし自分たちの布陣で自信を持って戦い抜いたことは今シーズンの山場に向けて非常に大きいんじゃないでしょうか。長谷川健太はもう変なことしないでね(今シーズンは最後までこの布陣でいってください)特にパトリックは宇佐美と同じくモヤモヤし続けていた筈なので結果が出せてよかったですよ。

宮本は冷静沈着に解説してたけど当然嬉しかったよね??

オススメ記事

関連記事

人気記事

↑Topへ戻る