NonTitleのブログはガンバ大阪,ガンバ大阪ブログ,Radiohead,くるり,村上春樹,エヴァンゲリオン,Apple,WEB制作,リスティング広告,SEO,WordPress,グーグル,写真などの内容の記事が多くなっています 記事数【1,056】

ガンバ大阪ブログ 勝ち点3に繋げた東口のビッグセーブ

今シーズン最大のビッグゲームは快晴のもと暖かくグッドコンディションで行われ、浦和の優勝が決まる可能性があったということで56000人という大観衆でした。ガンバ大阪からすると勝ち点3を得るしか道はない状況で、浦和は勝ち点1でも良しとできる状況なのでリラックスできる状況であったことが足枷になったのかもね。ガンバ大阪が勝ち点3を得ました。

またしても明神を入れてダイヤモンドにするという情報が流れましたが、長谷川健太がとったスターティングメンバーはベストな形のボックス442の阿部大森のサイドハーフでした。この形で散るんやったら誰もが納得できると思うので決断してくれてよかったです。

前半押し込まれる時間帯が多く、奪っても低かったり苦しい体制だったりで攻撃に移る状況が難しいものが多く、かつミスが多かった為、降りてきた宇佐美とパトリックのコンビで打ったパトリックのヘディングぐらいしか決定機はありませんでした。宇佐美に良い形でボールを預けるシーンがほぼ皆無で宇佐美はほぼ消えていましたが、降りてくるなという指示があったのだと思われます。ただ、浦和に決定機を与えたシーンはなかったのでまずまずといった前半でしたが、岩下が危ないシーンで転けるというやらかしをしたシーンは悶絶ものでしたが…。

後半どうするのかと観ていましたが特に変化はなく、我慢しながら少ない決定機を決めきるというスタンスなんだなということを再確認。浦和も前掛かりになるシーンは少なく、ビルドアップからのチャンスは難しい状況でお互いカウンターか、セットプレーからしか好機を見出だせない状況(遠藤のボールの精度が悪く好機に繋がらなかったのは痛かった)何か手を打たなければ状況が変わらない状態で、長谷川健太は運動量が落ちた宇佐美・パトリックを二枚とも下げ、前線が佐藤・リンスになった状況でどうゴールを奪うんだと懐疑的になった方は多かったのではないでしょうか。結果が出たから良かったものの…。

個人的には宇賀神に与えた決定機を東口がビッグセーブしたのが大きなポイントやったと思います(浦和に与えた唯一の被決定機)あれが決まっていたらゲームは決まっていたでしょう。後にセットプレー崩れのカウンターからリンスが抜け出し溜めて溜めて佐藤へラストパスという途中出場コンビが決勝ゴールを奪うという離れ業をやってのけるシーンが出てくるのでね。倉田のゴールで勝ち点3は決定的なものになり、長谷川健太の采配は全てがズバリという結果になりました。内容的にどちらに転んでもおかしくないようなゲームでしたが、攻撃のクオリティに歩があったガンバ大阪に軍配が上がったということでしょう。

形はどうあれ勝ち点3を得るしかなかった状況で勝ち点3を得たことでチームは否が応でも勢いに乗るかと思われます(浦和が残り二試合連勝したらどうにもならないけど)宇佐美が沈黙したままなのは気になりますがラスト二試合で結果を出すことを信じて、まずはミッドウィークにある天皇杯を。岩下はこのゲームでも2回大きなやらかしをしています。審判の笛に期待した軽いプレーはほんまにやめてほしいです。

オススメ記事

関連記事

人気記事

↑Topへ戻る