NonTitleのブログはガンバ大阪,ガンバ大阪ブログ,Radiohead,くるり,村上春樹,エヴァンゲリオン,Apple,WEB制作,リスティング広告,SEO,WordPress,グーグル,写真などの内容の記事が多くなっています 記事数【1,056】

ガンバ大阪ブログ 選手総評FW編2014

パトリックの獲得以降、宇佐美とパトリックの2トップが機能することとなり、反撃の狼煙が上がったのは言うまでもありません。少数精鋭の中、彼ら二人はクラブの歴史に大きく大きく刻まれました。ただ事実としてあるのが宇佐美だけで突っ切ろうとした強化部の認識の甘さですね。結果的に宇佐美がシーズン前のキャンプで壊れれてしまい、チームが機能不全に陥ったことは梶居強化部長の汚点です。今後の反省材料として…。

■パトリック
夏に急遽獲得が発表されましたが、彼に多くを期待したファンははっきり言って少数でしょう。良い意味で裏切ってくれましたね!元々のポテンシャルを考えると限界値までの動きを披露してくれたとは思いますが、多少の物足りなさは否めません。ただ、彼のフィジカルと高さとスピードがチームにフィットし、宇佐美に使われたことが一番大きなポイントです。もう今更足元は上手くならないでしょうし…。今後の課題はバイタルエリアでの足を使ってのコンビネーションなのですが、これはどうしたらいいのでしょうかね。解決策がみつかりません…。そこでパトリックに出すか!?というシーンが多々ありましたが、他の選手たちはどう考えているのでしょうか。

■宇佐美
シーズン前の怪我がチームに大打撃を与えるほどの中心選手となりました。シーズン後半は失速してしまいましたが、この素晴らしい結果の立役者であることは疑いようのない事実です。彼の存在はアンタッチャブルですが、不満を覚えるプレーがあるのは周知の事実で、前線からのプレスとオフ・ザ・ボールの動きの少なさは改善すべきポイントでしょう。ただ、彼のスタミナのなさを考えると…。これらをしないのであれば、このゴール・アシスト数では…という話になってしまいますので…。個人的にはこれらはしなくていいから、もっとゴール・アシスト数を伸ばすべきかなと思います。その方が彼が活きるかと。彼がいつまでガンバ大阪でプレーするのかはわかりませんが、ガンバ大阪の一員である以上、エースという自覚を強くもってチームを引っ張っていってほしいと思います。

■リンス
正直、噂になっている年俸と見合わない選手です。現状、スーパーサブ的な起用しかできないので、それでこの年俸は…という選手ですね。シーズン序盤のことを考えると、それなりの結果は出してくれましたが、これだけでは減俸されてもおかしくないですけどね。チームのスタイルに合うかどうかでいうと正直合っていません(彼がフィットするのはドン引き縦ポンカウンタースタイルのトップでしょう)個人的には強化部がなぜこの選手を獲得してきたのかがわからないというのが本音です。来シーズンもプレーしそうなので今シーズン以上の活躍は必須です。何回も言うようですがこの年俸ではね…。

■佐藤
もはやファーストチョイスではない選手ですが、シーズン序盤は他に該当する選手がいないという理由でスターティングメンバーに名を連ねましたが、荷が重すぎて何もできませんでした。使われてなんぼの佐藤にとって相棒が遠藤・リンスと彼にとっては酷であったのは事実ですが…。ただただ、彼の浦和戦での決勝ゴールはガンバ大阪の歴史上深く刻まれたのは二重丸です☆今後、彼は守備固め時の前線の選手としての役割を全うするか、もしくはカテゴリーを落とすかしないと厳しいですね。加入当時の活躍はレアンドロの存在と前掛かりのチームでチャンスが多かった、ノーマークでいられたといういろいろな要素があったからです。

■小川
シーズン序盤のナビスコカップでチャンスを得たぐらいで(鳥栖戦での彼のダメ押しゴールは貴重なものでした)、ほぼ出場機会がありませんでした。彼はそもそも色が薄い選手でどう起用したらいいのかが…。セカンドトップでプレーするにはテクニックが凡庸ですし、長谷川健太の2列目でプレーするには運動量がという感じですかね。まぁ、そんなに観る機会がないので決め付けるのはよくないのですが…。現状では出場機会がないのは目に見えているので武者修行コースが彼にとっていいんじゃないかと。

オススメ記事

関連記事

人気記事

↑Topへ戻る