NonTitleのブログはガンバ大阪,ガンバ大阪ブログ,Radiohead,くるり,村上春樹,エヴァンゲリオン,Apple,WEB制作,リスティング広告,SEO,WordPress,グーグル,写真などの内容の記事が多くなっています 記事数【1,056】

ガンバ大阪ブログ 今シーズン最高の45分間[今野MOM]

苦手な小瀬でのアウェイ甲府戦。チーム力の違いは明らかなのにいつも良い戦いができないイメージ。スターティングは怪我のジェソクに変わって藤春が入っただけでミッドウィークと全く同じ。倉田が相変わらずスターティングに入らないのが解せませんが今野がベンチ入りしたのは大きなポイント。

前半ははっきり言って酷い前半でした。これまでとなんら変わることのないチームで、遅攻になった際の状況は変わらない。ブロック作られてスペースがない、バイタルで勝負する選手がいないから、バイタルに入れられないし、前の動きが少なすぎて後ろも出せない。サイドは米倉が多少コンビネーション使って崩すシーンがあったけど…。15分間は甲府に完全に押し込まれアップアップ。明神が右腿裏をやってしまうアクシデントがなくも状況は変わってないと思わます。20分以降は甲府の圧力が収まったのと慣れてきたので、ある程度時間を作れるようになりましたが、ミスが多く決定機まで作れない。よってすぐに守備に切り替わるので選手たちのイライラが伝わってくるという悪循環極まりないものでした。

もはや選手交代以外にないと感じていたところ、長谷川健太が業を煮やし、ぶっつけ本番で今野を投入してきました。この采配をみてもわかる通り、いかにチームが今野に依存しているかがわかりますし、チームの柱であることを証明しているものでもありました。もちろん長谷川健太としては起用したくなかったでしょうし、既存の選手たちでなんとかしてほしかったと思われますが、どうにもならなかったということなんでしょう。これは長谷川健太自身がこの状況を打開できなかった証でもあります。

で、後半は見違えるチームとなり、今シーズン最高の45分となりました。今野がボール前への推進力を見せつけ、チームが変わったことを誰もが感じ取ることができたと思います。こぼれ球を左足ボレーで決めた阿部は技術の高さを見せつけましたし、タイミングとセンスの良いパスも披露してくれましたし、倉田は切り込み隊長として動き回りましたし、遠藤も明らかにやりやすそうにしていました。決めきれないシーンもありましたが、とにかく結果を出せてよかったゲームです。甲府に先制点を取られていたらと思うとゾッとします…、ただ、この内容を維持できれば強いという手応えは監督、選手たちも持っていると思います。良いイメージは思い出せたはずなので今後これが活かせるかどうかでしょうか。チャンピオンチームとしてのプライドもあるでしょうしね。

最後に最近のパトリックはひどすぎるということだけは確かです。彼に足元の技術を求めないのであれば、極端な話足ではフィニッシュさせないとか…

オススメ記事

関連記事

人気記事

↑Topへ戻る